スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 

久世さん追悼特別番組


うわーっ!今TBSで久世さんの追悼番組やってるよ。近いうちにやるだろうと思っていたけど新聞見ないから録画失敗したんだけど、mixiで泣き言を書いたらyukiさんがROMに焼いてくれるよ。わーい☆途中から観たんだけど、梶芽以子の綺麗さに息を飲む。視聴者の息遣いを感じる演出。伴淳やら由利徹やらとん平やら横尾忠則とか個性的な出演陣にTV全盛期をみました。久世さん演出の「東京タワー」見たかったな。のんきに頼んでDVD借りなくちゃ!小説も読み直さなくちゃ! そういやKANOXネタは一個持ってたな。「料理バンザイ!」のワンコーナー「たまに行くならこんな店」はKANOXスタッフで物撮りにも気合が入っていたんですよー(笑)しかし、久世さん演出の「東京タワー」見たかったな。小説も読み直さなくちゃ!彼の文学作品も良いものが沢山あるのでこれを機会に是非読んで欲しいです。キレイな日本語でイキイキとした世界が描かれています。
大木凡子(映画・TV・WEB) ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

誰も知らない『コアラ課長』元ネタ暴露オールナイト!


先週の先ちゃんのサイン会の事をmixiに書いたら、クスミさんに『今月の28日(土)に渋谷のシネセゾンで、夜11時から「コアラ課長」のオールナイトイベントがあり、監督河崎実と、先ちゃんと、ボクのトークショーがあります。飲み屋以外で話すのは多分初めてです。』と教えてもらいまして、美学校のメンバーとイシバちゃん・yamayuriの4名で挑みました。来場特典として“ユーカリクッキー”も貰ったよ。20年来のお付き合いである先ちゃんとクスミさんと河崎監督のトークショーでは、「あんなに感情移入できない主人公はいないよね」(江口氏)「無意味に横移動しながら目が赤く光るのがいい」(久住氏)河崎監督に至っては「ホラーっぽく撮ってたんだけど、やっぱ夜中にトイレとかで想像したら怖いからハッピーエンドにした」など爆笑コメント満載でした。さてさてコアラ課長はものスゴイ話です。サイトを見ると本物のコアラがネクタイしてるから差込み映像ではいるのかな?とか日光猿軍団みたく芸を仕込むのか?!とか想像していたら普通に着ぐるみでした…。そしてなんだか怖い顔です…。

野村宏伸や黒田アーサーやらヒデキなんかが真面目に演技しているのです…アーサー…いい人だもんな。その他にも元ネタとなった作品『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間('69)』は土方巽暗黒舞踏塾のプロモのような…アングラ色の濃い作品。人間花火って!!『空想天国('68)』は谷啓主演のラブコメ。ヌイグルミのガマラが田丸(谷)にだけ着ぐるみで見えたりする…(笑)

で、3本目の休憩時間にトイレへ行ったんだけど、思いっきり携帯落としました。(一応使用前)パニックになるとフリーズするね。すぐに取り出したがアドレスとか残ってるんだろうか?立ち上がるんだけどボタン操作出来ず…。でも眠いので思考能力0。とりあえずは朝まで映画を観て、友達とは駅で別れ起きたら考えることに…。2ちゃんで復活方法載っていたんだけど、どうしても今日会う予定があったのでドコモショップでデータ抽出→機種変更しました。だけどメールとか落とせなかったのが悲しいな。しかし、携帯落とした話をすると意外にみんな落としていたりするのね。masakickに連絡するのに携帯が使いこなせずひらがなとかしか打てなかったよ…。無事に渋谷で会えまして、オススメのお店とかに連れていってくれてなんかオトナになったのねとしみじみ。なんとなく打ち合わせをしたよ(笑)
大木凡子(映画・TV・WEB) ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

三年身篭る


今日は映画三昧なのだ!まずお昼はトベ姉さんと一緒に三年身篭るを観てきました。なんてったって、西島くんが出てるんですもの!初日舞台挨拶行くつーの。この映画ホントは私がエセマネージャーをしているT田くんがキャスティングされてたのですが、最終的にはひっくり返されて西島くんになったという…。映画が決まって喜んでいたT田くんを見ていた私としては複雑な心境です。で、他のちょい役でもいいので出演したいと言ったのだけど、ホントの所属事務所のマネージャーは「相手役じゃないなら、こっちから願い下げや!」みたいな事をいって断ったのです。結局は、他のタレントが数名使われておりました。芸能界って複雑ね。原作はT田くんの方に近いイメージですけど、この作品オセロだけじゃ、舞台挨拶で立ち見出るほど客呼べないよね。そう考えると西島くんで正解なんだろうね。ごみん…(笑)実物のオセロ中島は可愛かったですよ。西島くんはちょっとふっくっらした?雰囲気が違うなぁ〜。唯野未歩子監督の「今回が(全国で初めて見ていただくので)初めての立会い出産です!」が印象的。

東京の郊外に住む妊娠9ヶ月の冬子(中島知子)親になるのが不安な二人の気持ちが伝わったのか、10ヶ月経っても生まれない。それは18ヶ月経っても同じで自宅で生活することが困難になり大学病院へと移る。マスコミや医療関係者の目にさらされ見世物になっていく。最初は浮気をし母子に無関心だった徹(西嶋秀俊)も次第に母子がいとおしくなり、会社を辞めて山里へと移り住む。27ヶ月目にしてお腹もピラミッド型に大きくなり、「人間の進化したかたちだ」という冬子の妹の恋人である医者の海(塩見三省)はいうのだが…。

ぽわんとした冬子は監督である唯野さんが演じた方が良かったんじゃないかねぇ〜。主人公のイメージまるっきり彼女だもん。あと、妊婦の役だからノーメイクに近いのです。素肌があまりキレイじゃないのでスクリーンでいきむ冬子の姿とかちょっとキツかったです(苦笑)あとは冬子の実家で食事するシーンやお墓参りのシーンで出てくる料理の数々がとてもステキ。パンフレットに作り方が載っているものもあったのでゼヒ作ってみたいです。きっと、唯野さんのお母さんは料理をきちんとする方なんでしょうね。あと祖母・秋(丹阿弥谷津子)の台詞も心に残りました。

そのあとなぜか「ぴあ」の出口アンケートに答えたり、お茶したりして、そこからシネセゾン渋谷へ。”コアラ課長 大ヒット上映記念!! 誰も知らない『コアラ課長』元ネタ暴露オールナイト!”があるのです。なんと先ちゃんとクスミさんがゲストでトークショーもあるんだよー。楽しみだ!
大木凡子(映画・TV・WEB) ]
comments(0) : trackbacks(0) :