スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

ラースとお父さん

最近はイベント準備やらで忙しくしていますが、合間に舞台や映画とかは調整して行ってて、ちょうど、Yちゃんが帰省していたので 「ラースとその彼女」を一緒に鑑賞した。

 【あらすじ】
アメリカ中西部の小さな町に暮らすラースは、優しくて純粋な青年で町の人気者だが、ずっと彼女がいないために兄や義姉らは心配していた。そして何より両親が亡くなってしまったことを誰よりも悲しんでいたのです。そんなある日、ラースが「彼女を紹介する」と兄夫婦のもとにやってくるが、ラースが連れてきたのは、ビアンカと名づけられた等身大のリアルドールだった。兄夫婦を始め、街の人たちは驚きながらも、ラースを傷つけないようにビアンカを受け入れようとするが…。
心優しいラースが、過去の自分に決別するために行った荒療治というのかなー、最初は奇異の目で見ていた町の人たちも次第に心を開いていったり、ビアンカは何の演技もしてないのですが、うつむいた感じやカメラワークで演技しているように見えてくるのが不思議。マーゴというラースに片思いしてる女の子の持ってるぬいぐるみを助けてあげるシーンがなんとも微笑ましい。リアルドールだけど手を出さないのが、これまたラースらしい。不覚にも泣きそうになったのでした。

周りの感想を聞くと、「ラースは俺だー!」と自分に重ねあわせる男性も多いようです。で、帰りにYちゃんと飲んだのですが、帰省中の婚活話とかバイト先の恋バナとか聞いたりした。面白かったのがYちゃんが「付き合うなら餅のような人(どの味付けにも合う)がいいのー。でも好きになるのは珍味なの・・・」と告白。「そりゃー珍味ばかり食べると痛風になるよー」と私。まぁー餅も飽きるんだろうけどね。そんなことを、だらだらと喋っていたら終電近くなり、駅に向かっているとYちゃんにYちゃんのパパから「今日帰ってくるの?来るならスープあるから食べてー」と電話があった。で、二人で「パパ優しすぎるよ・・・こんなに気が利く人が身近にいたら、嫁に行かないよー。」と結論付ける。

が、この後、Yちゃんが帰宅するとドアにチェーンがかかっていて家に入れなくなって大変だったらしいので相殺な感じだったんだけど・・・(笑)
日々のできごと ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://yamayuri.jugem.cc/trackback/842