スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

ロシア料理、事はじめ

 年明けくまさんから連絡があり、学校と帰省を兼ねて戻ってくるというので、久しぶりに吉祥寺で会うことになりました。驚くことに、トベ姉さんはくまさんのダンナさんに会ったことがなかったのです。料理教室も旅行も一緒にいってるし、お互いの話も出てるんだけど、今まで会う機会がなかったの。ひぇー。何年越しかのご対面ですよ。どちらも話聞いてるもんだから、あっさり意気投合していた。ちゃんとご飯作ったり出来るダンナはいいねー。私の向かうべき相手は年下かも知れないわ(笑)

で、とりあえず吉祥寺と場所だけ提案したものの、お店は決めてなかった私。(いつも行き当たりばったりなんで・・・)『Sajiro Cafe』を提案してもらったものの今日は定休日。そこでふと思い出しのが食通のイシバちゃんがグレード高いと言っていた『cafe RUSSIA』だ。しょぼい地下街みたいなとこにあるんだけど、壁はビーツ色でとても鮮やか。そこだけおろしや国酔夢譚。酒だ酒だー酒もってこーい。

しかも店員が金髪ロシア美人で、「毛皮のコートを着たニシン(ニシンとポテトとビーツのミルフィーユ)です!(お前ら食うがいい←心の声のイメージ)」「ハチャブリ(チーズたっぷりのピザパイ)とビーツのスープです!(さぁー施してあげるわ←あくまでイメージ)」とか言われる。あれは発音が捲くし立てる感じになるからなのか?

味はね、寒い国だから濃い味付けなのです。日本人に容赦ないです。1か100か、中間がない。それを、あーだこーだ評論しながら食べるのは楽しいね。ずーっと、笑っていたなぁー。今年の神有月にはお宅訪問を誓ったのでした。

日々のできごと ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://yamayuri.jugem.cc/trackback/841