スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

[ - ]
- : - : 
<< prev entry  next entry >>

未来のJrへ

友人の子供がV6長野くんの舞台に出ることになった。奥さんが「アニー」とか「ライオンキング」とか好きで子供たちを連れて行くうちにタップを習うようになった。才能があるのかと聞くと「才能ないけど子供らしくて努力するからプロデューサーは気になるみたい」とのことだった。でも、数年前まで「絶対芸能界とか入れない!」と騒いでいたではないか。最終的には「ライオンキング」の最終先行に残っててみたいな話をされて、すっかり嵌ってるんじゃないかと思ったが、同調する人が居なかったので仕方なくふんふんと頷く。これで、舞台成功したら子供は味を占めて(いや親が味を占めるのか)「僕、Jrに入りたい!」とか宣言してタップでJrでタップスとかってグループ出来るのだろうか?で、未来の彼らに何が出来るのかと考えたらいい作品をみせることで、未来のJrを舞台へ誘ってみました。未来へ繋がるといいな。
日々のできごと ]
comments(0) : trackbacks(0) : 

スポンサーサイト

[ - ]
- : - : 

COMMENTS






cookie:

TRACKBACKS

TB URL :: http://yamayuri.jugem.cc/trackback/827